製造管理・品質管理ソフトなら、リアルタイムで可視化できるものがおすすめです。

工場において管理しなければならないものには、工程管理や受注・生産・在庫、品質、そして生産計画や製造計画など、実に様々なものが存在します。ですから、これらをすべて一元管理し、作成できる製造管理ソフトは、たいへん便利なものとして、近頃では導入する企業も急増しているようです。そして、このソフトの中でも際立って優れていると評判なものが、アプリソ ジャパンが提供する「FlexNet」ではないでしょうか。

「つくる」「つなぐ」「見える」をコンセプトとする「FlexNet」の大きな特徴は、業務プロセスをシステム化する上で、必要となる基本機能がすべて装備されている点です。そのため、短期間でシステムを導入することが可能となるのです。

品質データをリアルタイムで可視化できるので、迅速かつ継続的な業務の改善が可能です。
また、現場で発生する故障やなにがしかの変更など、緊急の処理にも対応できます。
自社内だけでなく、製造委託先や関連企業など、国内だけでなく海外拠点の業務進捗や在庫状況もリアルタイムに把握できます。

サポート体制も充実していて、FlexNetの導入に当たっては、アプリソが徹底的にサポートしてくれますし、導入後のサポートについても、24時間365日、対応してくれます。

詳しくは下記webサイトでご確認ください。
http://apriso.co.jp/products/flexnet_quality/

マグネット工具販売の第一人者

あらゆる加工、工事に欠かせない道具なのが冶具です。
調べてみて驚いたのですが、冶具って当て字なんだそうですね。

英語のjigに由来する言葉なんだそうです。

あらゆる工事に使用する材料は工場で加工されますが、
大型のものなど、現地で加工しながら作業を進めていかなくては
いけないこともあります。

しかし、現地で加工するとなると工場で加工するのと同じような
効率では進みません。設備が違いますからね。
また、作業精度を一定に保つのも非常に難しいです。

そんなときに、現地での大幅な作業効率を上げるために
冶具が重要な役目を果たします。

そんな加工機・治具類、マグネット工具を製造、販売しているのが
愛知産業株式会社です。

高精度ポータブル加工機や、配管の切断加工機、超高速切断機、溶接冶具など
現地での作業を工場加工と変わらない精度に
行うことが可能な機械を製造販売しています。

愛知産業株式会社が製造販売しているこれらの加工機、冶具、マグネット工具は
世界中で活躍しており、品質は間違いありません。

愛知産業のモットーは「世界の先端技術」というだけあり、
最先端の技術を駆使し、私たちのニーズに答えたベストな工具を
提供してくれます。
http://www.aichi-sangyo.co.jp/products/manufact/index.html

加工機・治具類、マグネット工具に関するお問い合わせは
>こちら

からお願いいたします。

工場に生産管理を導入しませんか?

製造現場や工場において、IT化を進める上で欠かせないのが生産管理システムです。
生産管理は作業員に工程を指示したり、受発注の管理、在庫や部品数の管理までを全て1つで行えるシステムです。

生産管理を導入することによって作業の効率化が出来ます。
また、人員をどう配置すればいいのかも目に見えるようになるため、適正な人材配置をスムーズに行えるようになります。
他にも在庫がリアルタイムで閲覧できるため生産ラインの調整等も可能です。

様々なメリットを受けられる生産管理ですが、導入を検討している会社も中にはあるのではないでしょうか?
ただ、導入に関わるコストがネックになっていて二の足を踏む事もありますよね。

出来る限りコストを抑えつつ生産管理を導入したいのであれば、MCFrameという会社の生産管理はいかがですか?
MCFrameのサイトでは詳しい導入事例を見ることもできますし、様々なパッケージを販売しているようです。
今後グローバル化を見据えた場合も、MCFrameの生産管理はきっと役に立つと思います。

他にも様々な特徴があります。
導入を検討中なら、一度MCFrameの生産管理をご覧になってみて下さい。
生産管理

参考→生産管理のHPMCFrame